本当の意味での「いい家」をお探しなら、足立区・葛飾区エリアを中心に新築戸建て、マンションを幅広く取り扱っております、ワイズホームにお任せください!

一生の大切なマイホーム。親身にご対応させて頂きます。

ワイズホーム HOME  /  コラム一覧  /  不動産を売却するならどこがいい?仲介会社を選ぶ大切なポイント

不動産を売却するならどこがいい?仲介会社を選ぶ大切なポイント

不動産を売却するならどこがいい?仲介会社を選ぶ大切なポイント

不動産を売却するときに、仲介を依頼するならどこがいいのか悩むことがありますよね。

不動産を高く・早く売却するためには、不動産仲介会社選びが重要です。

しかし、不動産の売却は会社だけでなく、営業マンの力量にもかかってくるので、一概にどこがいいとはいえません。

記事では、不動産の売却を依頼するならどこがいいか見極めるポイントをご紹介します。

大手不動産会社

不動産仲介会社は、大きく分けて大手不動産会社と地元不動産会社の2種類があります。

なかには「TV CMで知っているから大手の◯◯不動産に仲介を頼もう!」と安易に考えてしまう人もいますが、それは危険です。

大手・地元不動産会社それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、所有の不動産を売却するならどこがいいのか見極める必要があります。

大手不動産会社のメリット

①サービスが充実している

大手不動産会社のメリット1つ目は、サービスが充実していることです。

なかには、不動産を高く売却するためのサービスを無料でおこなってくれる会社があります。

  • ハウスクリーニング
  • 設備の修繕
  • インスペクション
  • 瑕疵担保責任保険

などがよくあるサービスです。

インスペクションとは、住宅の専門家が不動産の劣化状況や欠陥がないかを診断することです。

瑕疵担保責任保険とは、売却したあとに物件に瑕疵(大きな欠陥)が見つかった場合、その補修費用の一部をカバーする保険のことです。

築古の物件を売却する場合、どちらもあると安心のサービスですね。

②店舗が全国にある

大手不動産会社のメリット2つ目は、営業店舗が全国にあることです。

例えば、大阪に住んでいる人が東京の物件を探している場合、全国に店舗がある不動産会社なら連携をとることができます。

エリアを限定しない人にとってはメリットになるポイントです。

③顧客情報が多い

大手不動産会社は全国にネットワークがあるため、顧客情報が豊富です。

また、インターネットサイト集客にも多額の費用をかけているので、会員登録をしている人に売却物件のアプローチをすることもできます。

④分譲元で仲介を依頼できることがある

分譲マンションや分譲戸建ての場合、分譲元の不動産会社に仲介を依頼できるケースもあります。

たとえば、大手ディベロッパーが分譲したブランドマンションの場合、関連会社である仲介会社に売却を依頼できます。

大手不動産会社のデメリット

①異動が多く、エリア知見が少ない担当もいる

大手不動産会社のデメリットの一つは、エリア知見が少ない営業担当がいるということです。

大手不動産会社は全国で採用をしているため、異動が多く、営業エリアが地元でないという人も多くいます。

不動産を売却するときにどこがいいか迷ったら、大切なのはエリア知見です。

もちろん不動産会社の営業マンはエリアの勉強をしますが、どこがいいか見極めるときにはエリア知見の豊富さはチェックしたほうがよいでしょう。

②マニュアルに沿ったサービスのため臨機応変な対応がしにくい

大手不動産会社は、サービスが安定している一方で、臨機応変な対応をしてくれないことがあります。

全体的にマニュアルに沿ったサービスを提供しているため、不動産や売主の状況に応じた対応は少ないでしょう。

③営業一人が担当する物件が多く時間をかけられない

大手不動産会社は、営業一人が担当する顧客が多いため、一人にかけられる時間が少なくなります。

ノルマもあるので、売却しにくい不動産だと後回しにされがち

そうなると売却に時間がかかってしまう可能性があります。

地元不動産会社

地元不動産会社のメリット

①地元出身者・在住者が営業マンのことが多く、エリア知見が豊富

地元不動産会社の一番のメリットは、エリアの知見が豊富なことでしょう。

地元不動産会社はそのエリアで採用をしていることも多く、社長をはじめ社員が地元出身者・在住者ということも。

転勤がない会社であれば、何十年もそのエリアで営業をおこなっている営業マンもいるので、ネットワークや知見は強力です。

  • この学区の小学校は受験率が高いから教育熱心な人が多いエリアにチラシを投函しよう
  • 物件近くのスーパーは木曜日が特売になるから内覧者にセールストークとして使おう
  • この方角からは花火が見える。夏になったら家から花火鑑賞ができると伝えよう

など、地元に住んでいないとなかなか得ることができない知見は、営業戦略として非常に有効です。

②地元のコネクションから買主を見つけることがある

地元不動産会社は長年そのエリアに根付いているため、地元の商店街や不動産会社とのネットワークも豊富です。

地元の資産家などとのコネクションもあり、「このような条件の土地が売り出されたら教えて」というオーダーを持っていることもあります。

③1人あたりにかけられる時間が長い

地元不動産会社は、大手よりも営業マン一人が担当する物件数が少ないことが多く、一人の顧客にじっくりと時間をかけられる傾向があります。

地元不動産会社は、本店のみで営業していることも多く、その地域で悪い評判が出てしまうと事業が失敗してしまいます。

売却条件が厳しい不動産であっても、どうしたら売却できるかを親身になって考えてくれるのが地元不動産会社のよいところでもあります。

④個人の裁量範囲が大きく、臨機応変な対応ができる

大手不動産会社はマニュアルや社内ルールが厳しく、融通がきかない傾向があります。

一方、地元不動産会社は社長が近くにいたり、個人の裁量範囲が広いため、「いいですよ」と柔軟に対応してくれることが多いようです。

地元不動産会社のデメリット

①大手と比べると知名度が低い

地元不動産会社はそのエリアのみで営業していることが多く、また広告費も少ないためTV CMなどは流していません。

評判は良いのに大手不動産会社と比べると知名度が低いため、知名度やブランドを重視する人には敬遠されてしまうこともあるでしょう。

②営業力にバラつきがあることも

地元不動産会社は、社長の手腕によっては専門性や営業力が大手に勝ることも。

一方で、大手のような長期研修やマニュアルがないことも多いので、営業力は個人によりバラつきがあることも。

どこがいいか検討するときには、営業マンが信頼できる人かどうかじっくり見極めることが大切です。

③広範囲の集客に弱いことも

地元不動産会社は特定エリアにある本社のみで営業していることが多いため、他の地域からの集客は大手よりも弱いです。

しかし、不動産は特定エリア内で探している人が多いので、広範囲の集客力よりも地域に特化していることが大切です。

売却するならどこがいい?会社を選ぶポイント

つぎに、不動産を売却するならどこがいいか考えるポイントを5つご紹介します。

①地元に精通していること

売却するならどこがいいか考えるポイント1つ目は、地元に精通していることです。

地元の知見やコネクションは不動産売却にとって重要です。

チラシの配布箇所の選定や、営業トークにおいて、地元に精通していることは欠かせません。

仲介を依頼する会社はどこがいいか検討するときには、「どのような販売戦略をとるのか」「どのような人を狙うのか」などをしっかりヒアリングしましょう。

②近くに営業店舗があること

売却するならどこがいいか考えるポイント2つ目は、近くに営業店舗があることです。

遠方すぎる不動産会社だと、地元の特性を把握していなかったり、機動力が遅くなったりすることがあります。

営業店舗が少なくても、売却する不動産の近くに店舗があればそれは強みです。

どこがいいか検討するときには、訪問査定の際には営業マンの名刺を見て、店舗の場所をチェックするようにしましょう。

③売却のアドバイスをしっかりしてくれること

売却するならどこがいいか考えるポイント3つ目は、売却のアドバイスをしっかりしてくれることです。

不動産会社は、専門性がありアドバイスをくれる会社を選びましょう。

例えば、売却しにくい築古の物件や、狭小の土地などを、一工夫を加えて売却させるようなスキルのことです。

水回りのリフォームや、ハウスクリーニングなどが方法としてあります。

しかし、一概に何でもやればいいのではなく、適切な箇所に手を加えることが大切です。

どこがいいか検討する際には、査定のときに気になることをどんどん質問してみましょう

曖昧にせず、納得できる回答をしてくれる不動産会社を選びましょう。

④営業マンの対応が早いこと

売却するならどこがいいか考えるポイント4つ目は、営業マンの対応が早いことです。

査定依頼をしたときのアポイントの早さ、電話をしたときに対応力、依頼をしたときの対応の早さは、売却における機動力です。

後回しにせず、すぐに対応してくれるかチェックし、どこがいいか見極めましょう。

⑤地元の販売実績が豊富なこと

売却するならどこがいいか考えるポイント5つ目は、地元の販売実績が豊富なことです。

大手の不動産会社で、全国の販売実績が多くても、そのエリアで実績がなければ依頼先としては不安です。

どこがいいか検討するときには、地元の販売実績について質問してみましょう。

とくに、築古のマンション・狭小住宅・特殊な土地など、同じタイプの不動産の売却実績について聞いてみるとよいでしょう。

無料査定を依頼しよう

売却を依頼する不動産がどこがいいか見極めるときには、複数の会社に査定依頼することがおすすめです。

ここからは、不動産会社に査定を依頼するときのポイントについてご紹介します。

ネット査定と訪問査定って違うの?

不動産の査定には、ネット査定と訪問査定の2種類があります。

ネット査定

ネット査定は、名前のとおりインターネットで行う査定のことです。

不動産会社のインターネットサイトや一括査定のサイトを経由して行います。

  • 住所
  • 築年数
  • 面積
  • 間取り

などの不動産の情報をサイト上で入力すると、過去の成約価格をもとに、査定額をその場で見ることができます。

過去の成約データをもとに算出するため、たくさん物件が出ているエリアは比較的正確な査定金額が出ますが、物件が希少なエリアは差異が生じる可能性があるので注意しましょう。

訪問査定

訪問査定は、不動産会社が実際に訪問しおこなう査定のことです。

一度物件を見て概算の査定金額を出したあと、正確な査定金額は1週間前後に提示されることが多いようです。

プロが実際に物件や周辺環境、書類を見て査定してくれるので、より正確な査定金額になります。

修繕が必要な箇所を見てもらったり、データでは分からない不動産の特徴をプロに見てもらうことができます。

また、売却の方法や競合物件の売却状況など、有益な情報を得られるのもメリットです。

1社あたり30分~1時間ほどかかりますが、どこがいいかを見極めるうえで非常に大切なステップです。

査定はお金がかかるの?

査定にはお金がかかりません。

ネット査定も訪問査定も無料です。

仲介会社がどこがいいか見極めることを目的に査定依頼をしても大丈夫です。

査定のポイントは複数の会社に依頼をすること

査定を依頼するのはどこがいいのか悩みますよね。

よく、「TV CMで見る大手の会社だけに査定依頼すればいいや」と思う方がいるのですが、これは危険です。

査定金額は、会社によって差があります。

もし依頼した1社の最低金額が市場価格よりも安かった場合、安売りをしてしまうことになるのです。

どこがいいか迷ったら、不動産会社は最低でも大手で1社地元不動産会社で1社には査定依頼するのがオススメ。

それぞれ強み・弱みがあり、売却する不動産によって合う会社が異なるためです。

複数の会社の査定を見て、話を聞くことで、依頼するのはどこがいいか見極めることができます。

【まとめ】売却するならどこがいいか悩んだら複数の会社に無料査定を依頼しよう

大切な不動産の売却を依頼するのはどこがいいか悩むことが多いでしょう。

大手不動産会社・地元不動産会社どちらも強み・弱みがありますし、担当営業マンのスキルや知見にも個人差があります。

どこがいいか検討するときには、まずは複数の会社に無料査定を依頼しましょう。

1社だけに限定せず、複数の会社の査定を見て、気になることをどんどん質問してみましょう。

足立区, 荒川区, 葛飾区の不動産を売却を検討されているなら、当社にお気軽にご相談ください!

ご購入の相談・資料請求

売却のご相談・査定のお申込み

売却相談について

こんな方はお気軽にご相談ください。

  • 住み替えを検討しており
    「売却が先か?」「購入が先か?」
    で悩んでいます。
  • 住宅ローンの返済、遅延で
    悩んでいます。
  • 近所に内緒で売却することはできますか?
  • 親名義の不動産を相続することになりました。どのような手続きが必要ですか?
無料相談受付中。詳しくはこちら

店舗のご案内

キッズルームもありますので、お子様も安心して遊んでいただけます!

キッズルームも完備!お気軽にご来店下さい!
詳しい店舗案内はこちら
  • 不動産購入マニュアルをプレゼント
  • スタッフ紹介
  • 会員登録
  • ワイズホームのおもてなし
  • 最新住宅ローン・金利情報
  • ご成約ヒストリー

売却物件大募集

- 東武伊勢崎線沿線のワイズホーム取扱い物件一覧 -

お電話でのお問い合わせはこちら